2021年01月13日

魚介レシピ開発

緊急事態宣言が発令される地域が増えていますね。
昨年から、コロナ禍で生産者さん達もお困りだということで、僕も微力ながら力になれたらいいなと思っていたところ、水産庁から、国産の魚介の消費を促すための、レシピ開発のご依頼をいただきました。
僕が選んだのは、伊勢海老とウナギ。
日本人には馴染み深い、特別感のある食材ですが、案外、調理法というか、食べ方は限られていますよね?
そこで、伊勢海老はサルデーニャではポピュラーな食べ方である、「伊勢海老のカタラーナ(カタルーニャ風)」
33D50BAA-3140-49A2-9F52-677308653A51.jpeg
と、ウナギをぶつ切りにして赤ワインで煮込む「ウナギの赤ワイン煮」
2118D0B1-B933-4E84-9E4F-7FB0F8EF3900.jpeg
のレシピを提供させていただきました。
僕が働いていたレストランがあるサルデーニャ島ヌオーロのスーパーでは、魚売り場で生きたウナギが売られているんですよ。
職人さんのように目打ちして開くのはハードルが高いけれど、ぶつ切りなら、できそうな気がしませんか?(ウナギの血には毒があるので、目に入ったりしないように、注意して下さいね。)

伊勢海老のカタラーナは、イタリアのサルデーニャで、なんで(スペイン東部の)カタルーニャ風なの?と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、かつて、サルデーニャ島はカタルーニャの支配にあった島で、アルゲーロという街の中にはスペイン語表記の看板がたくさん立っていたりするんです。料理の面でも影響を受けたものが色々とあり、Alla Catalana(アッラ・カタラーナ=カタルーニャ風)と付く料理やデザートがあります。

そのレシピを、浜チョクという、浜から直接魚介を送ってもらえるサイトで、ご紹介いただいているそうです。
美味しそうなものが色々出ていたので、僕のレシピに興味がなくても、のぞいてみて下さい!

伊勢海老のカタラーナは、先日、日本イタリア料理協会のYouTubeでも作り方をご紹介しましたので、動画も併せてご覧いただき、ぜひ、作ってみて下さい!
カタラーナのソースは、伊勢海老に限らず、茹でた海老ならばなんでも、あるいは鶏肉や豚肉のカツレツに合わせても美味しいですよ!

YouTubeや、レシピ開発や、こんな時期ですけれど色々なご依頼をいただいて、今までに経験したことがないことに挑戦できて、有難い限りです。
ひとつひとつ、誠心誠意、真摯に取り組んでいきたいと思っています。
posted by IL Rifugio Hayama-2- at 12:17| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください