2019年06月25日

ロカンダ・ベルフィオーレ

イタリア旅行記が続きます。

ボローニャの中心部Centro(チェントロ)に一泊した後は、車で20分ほど上った山の手の高級別荘地・住宅地にあるアグリトゥリズモ、Locanda Belfiore(ロカンダ・ベルフィオーレ)に滞在しました。
30FBA71D-4EFB-4E8A-A9B0-66D09078633D.jpeg
チェントロから少し上がってきただけで、清涼な空気と緑が広がって別世界です
6DF3FA4C-700C-422F-A4FE-4E5AEDE8D53B.jpeg
広大な敷地には、ケシの花が綺麗に咲いていました。ここは元はバローロ用の葡萄畑だったそうです
IMG_2715.JPG
DE3EB7F8-F0C6-488B-9176-745158F4CFD3.jpeg
ワイン用の葡萄畑
IMG_2716.JPG
サクランボの木もたくさんあり、収穫してジャムを仕込んでいました
IMG_2718.JPG
25F84DF0-8703-4BC6-856E-C19346C6BE72.jpeg
無花果も白イチジクと黒イチジク、それぞれ立派な木がありました
IMG_2746.JPG
IMG_2747.JPG
麦畑。小麦粉も自家製です。
IMG_2723.JPG
野菜畑もあります
33CD28A1-A5BF-4263-BE38-5D5F83D90CB9.jpeg
9935E9FA-60A4-437A-B339-28772E31348E.jpeg
366A6B22-4AEF-40CD-8589-3CD27FEA0EB8.jpeg
暑くて豚は日陰に固まっていました
664B434D-0F41-4F06-B029-DC47FF0218BC.jpeg
F923B63F-893B-4E20-8529-236D115362F6.jpeg
毎年11月に生ハムやサラミ、ソーセージなどをまとめて仕込むそうです
2262B56D-5228-438F-9D42-6EBEFF4AE656.jpeg
鶏もいます。毎日卵を20個くらい産むそうです。
F43EFCB0-79A8-4CF1-8BEE-72B8F732A2EF.jpeg
収穫した卵は日付けをスタンプ
141712AB-19A1-40D9-B283-9E37761248A1.jpeg
泊まるのは奥のピンク色の建物です
IMG_2560.JPG
フロント
29B5CBDE-6BF1-4001-B30D-345B6F4ECA75.jpeg
7EE61E25-D0F9-490F-80B1-EA28FD3BF4F3.jpeg
部屋の窓からの景色
CF51BC4F-DC38-4767-A476-75B7A7218C25.jpeg
サルデーニャで結婚式を挙げた、僕のイタリアの妹分のお婿さんが親子で経営しています。

同じ敷地内に、ここで育てた豚で仕込んだサラミやコッパ、ここで作っているワインやビールを出すLo Spaccio a Belfiore(ロ スパッチョ ア ベルフィオーレ)もあり、週末だけ営業しているようです
76E1D7F1-9C21-4ECD-B3D0-3E3A3A0C9A0E.jpeg
IMG_2557.JPG
息がピッタリの新婚さん
IMG_2550.JPG
5年前に来た時に、ここでアグリトゥリズモをやる予定なんだ、と話してはいたけれどまだその時には何にもない状態だったので、お洒落なのができたなぁ、すごいなぁ、と感慨深いものがありました。
随所にセンスが光ります。
IMG_2548.JPG
IMG_2555.JPG
ここで育てて製粉した小麦粉と余った生ハムやサラミなどを練り込んで焼いたパン、Crescenta Bolognese(クレシェンタ・ボロニェーゼ)に、豚の頭の部分の煮こごりのようなCoppa di testa(コッパ・ディ・テスタ)をはさんだものと、ここで造った赤ワイン。
こういうのが一番の贅沢だなぁとしみじみと思いました
IMG_2551.JPG
IMG_2552.JPG
生ハムやラルドも美味。円盤形のパン、Tigelle(ティジェッレ)ももちろん自家製です。
IMG_2545.JPG
表情豊かな夕陽は、いつまでもいつまでも眺めていられます
IMG_2553.JPG
IMG_2559.JPG
朝食の部屋もお洒落です
地下にあるのに、光が差し込んで解放感もあります
33BDCE78-8CF4-4A8B-B9F3-77CB11CA35FA.jpeg
近所の酪農家が作っているというヨーグルトや蜂蜜が美味しかったです
473FB9D3-5B2E-4B7E-90AB-4F36D3936C2B.jpeg

D68A9C37-D2A8-41CA-8AD5-5BC4A7900915.jpeg
今日はこの辺で。
続きはまた後日書きます。
posted by IL Rifugio Hayama-2- at 23:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする