2019年06月30日

フィレンツェのトラットリア

フィレンツェに行ったらやっぱりトラットリアで豪快に肉を食べたい!!!

3年前に友人からの紹介で行って、美味しかったTrattoria Marioに再訪しました。
中央市場Mercato Centrale Firenze(メルカート チェントラーレ フィレンツェ)の傍にあります。
17AB44D1-BA10-43BB-AAAE-0356F51302ED.jpeg
昼間だけの営業ですが、閉店間際まで店内はギュウギュウの満席。全席相席のお店です。
回転が早いので当日予約か時間帯によっては少し待てば入れると思いますが、事前予約をしておくと確実です。
座ると、何食べる?といきなり聞かれるので、入り口にあるメニューで入店前にチェックして決めておく方がスムーズです。
メニューは店内の壁にも貼ってありますが、イタリア語の料理名に詳しい方でないと、分かりづらいかもしれません。
0DFF042C-729B-4A5A-BE46-8C03B9AE50B2.jpeg
余ったパンを使って作るサラダ、パンツァネッラを食べながら肉の焼き上がりを待ちました。
ビステッカを食べるのであれば、余程胃袋に自信のある方でなければ、パスタは食べない方が良いでしょう。
イタリア人でも、ビステッカの前には生ハム盛り合わせとか野菜をちょこっと食べる程度にしていますから。
60223BD4-776E-4F67-AB29-EF4BCF377ACC.jpeg
ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ、Tボーンステーキです。
レモンの大きさから、全体のボリュームがお分かり頂けると思います。これで1.2㎏です。
IMG_3046.JPG
このお店は、肉の味がいいし、焼き方も絶妙だし、気に入っています。プロが焼いた本当のレアは、肉の中心が赤くても、きちんと熱が入って温かくなっていて、中心がまだ冷たい生焼けの赤い色とは別物です。
外はカリッと香ばしく、中はレアでしっとりと焼き上げられていて、赤身の味が濃くて、肉の繊維のさくさくとした歯触りがたまりません!

IMG_3069.JPG
ある日はTrattoria Sostanzaに行きました。人気店なので予約はお早めに。
BF946971-8420-49F0-88E1-13856ED386BB.jpeg
このお店も、細長いテーブルに相席のような感じでギュウギュウに座ります
IMG_3079.JPG
IMG_3071.JPG
IMG_3070.JPG
ポルチーニをとろとろに煮たもの
IMG_3086.JPG
ほろ苦い葉野菜Radicchio Verde
IMG_3084.JPG
有名なアーティチョークのトルティーノ(卵焼き)。これぞ職人技!
6E34E95A-EEA9-43F6-8C46-7E27C6537164.jpeg
フィレンツェ風トリッパの煮込み
9C72A775-1459-4BC4-8F1E-06193831A08A.jpeg
鶏肉のバター焼き。
目の前で熱い小鍋に入った鶏肉とバターにレモンを絞って、ジュワジュワジュワジュワ!っと沸騰させてからサーブしてくれます
1C4E79DF-72F4-44FE-A9CD-72F4463FE4FC.jpeg
フラゴリーナ(野苺)とメレンゲのショートケーキ風デザート。すごいボリュームですが軽やかでペロリと食べられます
FE4115BB-0867-4925-96A5-763088DBBA9F.jpeg
厨房には立派な牛肉の塊が鎮座していました!
765E7CE2-1D6B-4E96-ABE0-2C90727F6FF7.jpeg

いや〜、やっぱり確かな技術が裏付けにある老舗トラットリアって、いいですね!
posted by IL Rifugio Hayama-2- at 22:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

ボローニャからフィレンツェへ

イタリア旅行記が続きます。

色々と実り多く楽しかったボローニャにお別れして、フィレンツェに移動しました。

ボローニャ中央駅から
IMG_2958.JPG
Frecciarossa(フレッチャロッサ)に乗ってFirenze SMN(フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ)駅まで行きます。
IMG_2961.JPG
IMG_2957.JPG
案の定?少し遅れてきましたが、でも「15分遅れで運行しています」という感じできちんと表示が出ていることに感動しました!
IMG_2960.JPG
昔はただ単に来ない、いつ来るかも分からないから漠然と待つ、ということが多かったのに・・・それに前回は切符を自動販売機で楽に買えるようになったことに感動していたら、今回は切符をスマホで買って印刷する必要もなく、送られてきたバーコードを見せれば良かったりして・・・時代は進んでいるんですねぇ。
IMG_2962.JPG
40分くらいで到着。
Firenze SMN駅の手前に、Firenzeと付く名前の駅があって紛らわしいのですが、そこで降りないように!
慌てず"Firenze Santa Maria Novella"というアナウンスがされたか耳を澄ませておくか、駅のホームの表示で駅名を確認しましょう。
IMG_3101.JPG
駅から徒歩圏内のホテルを予約してあったので、チェックインをして、しばらく散歩をしてから、友人が働いているお店に行きました。
フィレンツェはそう大きな街ではないので、片道20~30分歩くのが苦でない方は、歩いて観てまわるのがお勧めです。
ただ、石畳がぼこぼこしているので、歩きやすい靴を持参されるか現地で購入されることをお勧めします。
革のサンダルなんかも手頃な値段で売っていて、履いている内に段々と足に馴染んでどんどんと歩きやすくなります。
前回来た時と比べると全体的に物価が高くなっているなぁとは思いましたが、その分生産者さんたちにきちんと支払われているのであれば良いですね。
IMG_3258.JPG
IMG_3257.JPG
IMG_3269.JPG
IMG_3271.JPG
IMG_3273.JPG
アルティミノで働いていた時の元同僚がシェフを務めているお店Gilda(ギルダ)
IMG_2970.JPG
達筆で解読が難しいメニュー。こういうの好きです。
4323A522-1245-4F2A-B9D0-CF5AF84C215C.jpeg
フレッシュのポルチーニ茸をとろとろに煮たものをのせたブルスケッタ。シンプルに旨い!
今回は連日35度くらいの気温で、じりじりと暑い真夏のような日が続きましたが、そういう影響もあって、キノコが豊作のようですね。
9855EBB1-8632-47FC-B1FB-E1E3C994CF8B.jpeg
シンプルな豚肉のソテー。こういうなんてことない料理が時々食べたくなります。
なんてことない、と言っても、焼き方次第ではぼそぼそになったり肉の旨味が抜けてしまったりするので、シンプルな料理ほど、料理人の腕にかかっていると思います。
5301A544-A20E-4A3D-A477-C760FF54C066.jpeg
付け合わせのマッシュポテト
F437AD42-60DF-43CD-A58D-7FF3193A0EBC.jpeg
牛肉も良い焼き加減です
631952AD-DE6F-4B7D-9D60-56674E1A103F.jpeg
付け合わせのホウレン草
60CC9ACA-027F-4113-9E8D-5A82AB1909EB.jpeg
このオリーブオイル、美味しかったです!
IMG_2978.JPG
お店のマダムの趣味なのか、様々な色や形のグラスが使われていましたが、バラバラなのに統一感があって落ち着きました
52C0DA6E-8A05-459F-AD65-181F89096B03.jpeg
デミタスカップもテーブルに敷かれたレースも様々。レトロ可愛いお店でした
CAB53076-D41A-485E-883F-3153D1BE2E37.jpeg
友人であるシェフとマダムと記念写真
久しぶりの再会を喜んでくれて、フィレンツェを発つ前には娘にプレゼントまでわざわざ届けに来てくれました(涙)
近いうちに日本でも会うことを約束しました
E8034890-BE81-4806-B094-C6B780345906.jpeg
今日はこの辺で。
また書きます!
posted by IL Rifugio Hayama-2- at 22:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

FICO EATALY WORLD BOLOGNA

ボローニャ滞在中の話が続きます。

ボローニャ中央駅から車で20分ほどのところにある食のテーマパーク、FICO(フィーコ)に行ってきました。
2017年にオープンしたと聞いてから、行ってみたいと思っていたんです。
IMG_2825.JPG
広大な駐車場があり、中もかなり広いので、身分証明書を出せば自転車を借りることができます
IMG_2828.JPG
子供用にトラクター型三輪車もありました。これを借りるのにも身分証明書が必要です
IMG_2952.JPG
入口にある案内図
IMG_2830.JPG
IMG_2829.JPG
”FICOとは、Fabbrica Italiana Contadinaの略で「イタリア農業工場」の意味。「食」の価値を問い、生み出す場所で、扱う食品は純正イタリアン。コンセプトは各土地・気候の中で、「大地が作り出すもの」を、「育て」「形を変え」「料理する」術を知り、学ぶこと。”(イタリア政府観光協会公式HPより抜粋引用)

とりあえず歩いて回ることにしました。特にイベントやデモンストレーションがない平日だったからか、かなり空いていました
IMG_2940.JPG
広いので途中途中に休憩できるホールが。
IMG_2930.JPG
ワイン、ジュースなどの様々な飲料や
IMG_2878.JPG
トマトを使った製品
IMG_2916.JPG
果物を使った製品など、様々な生産者さんたちが出展しています
IMG_2918.JPG
バルサミコ酢のテイスティングも出来ます
IMG_2938.JPG
トリュフのお店も。
IMG_2879.JPG
この日は稼働していませんでしたが、焼き菓子の工場も併設されていました
IMG_2876.JPG
IMG_2877.JPG
調理機器なんかも展示があります
IMG_2945.JPG
FICOのマスコットやTシャツなどのお土産物屋さん
IMG_2942.JPG
ここは発電関係の展示がしてあり、椅子の下が自転車のペダルになっていて発電出来るようになっていました
IMG_2927.JPG
外には、長年イタリアで育てられてきた家畜の展示もあります。
豚や牛の種類やそのブリードの歴史なんかも説明されていて、興味深かったです。
ただ、動物たちは暑そうで狭くてなんだか可哀そうな感じでしたが・・・。
IMG_2892.JPG
IMG_2886.JPG
IMG_2885.JPG
IMG_2897.JPG
IMG_2896.JPG
IMG_2905.JPG
IMG_2907.JPG
IMG_2891.JPG
IMG_2890.JPG
中にはレストランも色々とあります。
IMG_2939.JPG
僕たちは、Riminiに本店がある、魚介が美味しいレストラン、Il Mare di Guidoで食事をしました
IMG_2867.JPG
IMG_2868.JPG
IMG_2842.JPG
青海苔を生地に混ぜて揚げてあったり、小粒で味の濃いムール貝が乗せてあったり、潮風が感じられるようなフィンガーフード
IMG_2835.JPG
新鮮なイカのフリットに、赤と緑のトマトの生ソースが添えられていました
IMG_2844.JPG
クレープのような薄いパン、ピアディーナのお洒落バージョン。中にはアンチョビのマリネが巻き込んであります
IMG_2846.JPG
ポヴェラッチェ(大きめのシジミのような貝)のカッペレッティ
IMG_2849.JPG
海のカルボナーラ(豚の塩漬けの代わりにマグロの塩漬けが使われているウニのカルボナーラでした)
IMG_2850.JPG
ラズベリーとマスカルポーネの酸味と甘味のバランスが良いデザート
IMG_2855.JPG
ここで飲んだファランギーナが、一般的なファランギーナと違ってかなり洗練された綺麗な造りで、美味しかったです!こういう新しい発見が嬉しいんですよね。
IMG_2843.JPG

この後、フィレンツェに移動です。
続きはまた次回書きます。
posted by IL Rifugio Hayama-2- at 22:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする